作業員

外壁塗装でキレイハウス【多くの人が導入している太陽光発電】

依頼場所を選択する

解体

解体工事と中間マージンについて

住宅の建て直しをする時や、注文住宅で家づくりをする時など、住宅を取り壊してからの建築になるのが多いものです。住宅の建て直し、注文住宅での家づくりと言うのは、工務店やハウスメーカーなどに依頼をして家の設計や住宅の建築等を依頼する形になりますが、既存の建物については取り壊す工事でもある解体工事は工務店やハウスメーカーが工事を行うのではなく、これらの会社の下請け業者となる解体工事業者に委託されるケースが多く在るのが特徴で、解体工事業者も下請けの業者に発注をかける事でそれぞれ中間マージンが発生するため、施工主となる側の解体工事に係る費用負担を多くなるのが特徴です。ハウスメーカーや工務店に依頼をすれば業者探しをする手間を省けるものの、中間マージンが必要になってくると言う特徴が有ります。

分離発注による工事と中間マージン

解体工事は工務店やハウスメーカーに依頼する事で、これらの業者の下請け業者が建物の取り壊しや地中埋蔵物の確認、産業廃棄物の輸送並びに処分を一括で行ってくれるので、依頼側と言うのは工事業者を探すと言った作業が不要になります。しかし、工務店やハウスメーカーは下請け業者に解体工事の発注を行うため、そこで中間マージンが発生しますし、解体業者がさらに下請け業者に発注をすることで、マージンの額は多くなるのが特徴です。分離発注と言うのは、こうした中間マージンが発生しないと言うメリットが有る発注方法であり、家の設計や建築については工務店やハウスメーカーに依頼をし、依頼主は解体工事業者を探し出して直接発注をすると言う分離発注を行う事で中間マージンが無くなると言うメリットが有るのです。